在宅データ入力詐欺商法の手口2つ!や心得

この記事は2ヶ月以上前に更新され、現在は内容が異なっている可能性もあります。
リンク先の会社のページに従い指示通りの方法でご応募下さい。

2015年7月11日注意事項

在宅データ入力について考えている女性

職種:【データ入力】

管理人より
何度か在宅ワーク詐欺について記事を書いてきましたが、今回はデータ入力在宅ワーク詐欺商法に焦点を当てて、騙されないために手口や心得を書きとめておこうと思います。

当サイトではこちらで在宅のデータ入力の仕事を募集している会社を紹介しています。研修期間があったり、仕事内容が明確な会社で費用もかからない会社です。募集が無い時期もありますのでご了承くださいね。
またレシート入力をする在宅ワークも紹介しています。


在宅データ入力の仕事内容はどんなものがあるの?

単純に文字入力をする仕事と考え、アルバイトサイトやクラウドソーシングで募集しているものを紹介します。

カタログ通販、応募はがき、アンケートなどの入力

  • 顧客データや申し込み内容の入力。情報を分割、画像化しコピーなどが出来ないように配信されたものを入力。初心者でも大丈夫だが、1処理あたりの賃金が安い。
  • 様々な手書き申込用紙(カードや保険etc.)の入力
  • 顧客データや申し込み内容の入力。上記同様に画像化したものが配信される。スキルは問われないがまとまった数を処理しないと賃金は安い。

名刺入力

  • 名刺の会社名、所属部署、氏名などの入力。単純作業なため、賃金は高くない。

不動産物件の情報入力

  • 入力が複雑な場合もあるようで1処理あたりの賃金は少し高い。スキルは問われない。

領収書・レシートなどの帳票入力

  • 経理経験・会計事務所勤務経験・会計ソフトの利用経験などが問われることがある。1処理あたりの賃金が少し高い。

他にも沢山あるかもしれませんが、時々募集される仕事内容をまとめてみました。
少しだけかけ離れますが、情報を検索して内容をエクセルに入力という仕事の場合もあります。

在宅データ入力詐欺商法の手口

最初にデータ入力詐欺商法の手口について管理人が知る2種類を紹介したいと思います。

1.サーバー代やサイト維持管理料、初期費用などと称して比較的高額な費用を請求

<仕事内容>

申込みをした人に専用のWEBサイトやブログを与え、そこにひたすら商品紹介用のコードを貼りつける作業。
(アフィリエイトリンクをコピペする単純作業で文字を入力するデータ入力とは異なる。)


<だましトーク>

簡単作業。コピペをするだけ。店長になれる。
あなたが作業をした商品が売れたら数%の利益はあなたの元に還元されるのでずっと儲かり続ける。
作業をすればするほど儲かる。

2.有料の講習や研修、教材の購入など仕事開始前に費用を請求

<仕事内容>

仕事斡旋は二の次なので仕事がまったくない場合もある。
データ入力の仕事を依頼していたとしても、仕事量がわずかだったり、作業量に見合わない報酬だったりで最初に支払った金額を取り戻せない。


<だましトーク>

仕事量は豊富にある。パソコン初心者でも未経験でもできる。
主婦が空いている時間にできる。

在宅のデータ入力を騙る怪しいサイトの見極め方

下記のような募集の仕方をしている会社は注意が必要です。
  1. 初心者でもok、どこでも稼げる、いつでも稼げる、空いている時間に稼げる、家事の合間に稼げる等を連呼している。
  2. 簡単作業で月給30万円など、とにかく気前がいい
  3. 仕事に応募するのではなく資料請求ボタンがある
  4. 資料請求をした後、饒舌なお兄さんから電話があり、仕事説明と共に費用などの説明がある。
  5. 仕事内容、納品方法、必要なパソコンのスペックなど詳細がまったく分からない
  6. 作業をした対価ではなく、商品が売れた金額の何%かが報酬となる

だまされてしまう心理

仕事をする前に費用が発生するのはおかしいと冷静になれば分かることなのですが、在宅ワークをしたいという気持ちが強いと、心の隙を突くような文言にだまされてしまいます。

在宅ワークで稼ぐことを考えている2人

【こんな会社は在宅ワーク詐欺です】
商品を販売するための機器を作成しその分の費用を回収しようとした場合、商品の値段に上乗せして利益を上げるのがまっとうな会社で、機器を使って働く従業員から費用を回収することはありません。

以前当サイトでも上記をお伝えしました。


ここで当たり前じゃーんと思っても、応募させてお金を取ろうと思っている会社の言い分は巧妙です。

今度は在宅ワーク詐欺商法を行う会社が良く使うトークを紹介します。
詐欺をするような会社は、在宅ワークという特有の環境を利用して騙そうとします。

【騙されフレーズ その一】
こつこつデータ入力の仕事をすることで、ネット通販の店長になれます。
あなたが入力したデータから商品が売れるとキャッシュバックが発生し永遠に利益が発生します。
まずは初期費用とサーバーの維持管理料30万円が必要ですが、商品が売れる仕組みも整っており、しっかりサポートするの安心してお仕事をしていたけます。

【騙されフレーズ その二】
仕事をするためのスキルが身についていることを、クライアントに証明しなければなりません。
ですから私共が提供する有料研修を受けていただき、一定のレベルまでスキルを高めていただく必要があります。

仕事前に費用が発生するはずないと思っていても、上記のような文章を読むと「なるほど」と思ってしまいませんでしょうか。
とにかく人を納得させるようなトークを使っているのです。
在宅ワークを探したいという気持ちが強いほど、そういうものなのかもしれないと思ってしまいます。

だまされない為の心得

費用を支払ってまで全く知らない会社でデータ入力の仕事をする価値があるかを考えることです。

  1. すぐに申し込まず一呼吸おいて冷静に考えてみる。
  2. 検索をして情報を集める。(会社名、yahoo知恵袋など)
  3. 家族など身近な人に意見を聞いてみる。
  4. 募集している会社の事業内容を確認する。
  5. 入力データの受取、納品方法、必要なPCのスペックやセキュリティソフトに関する記述あるか等を確認する。

ネットで検索して在宅データ入力の仕事を探す場合は、電話による振り込め詐欺のように即時判断に迫れるわけではないので、上記項目を心がけると騙されてしまう確率は少なくなると思います。

安心な会社の見極め方

一番安心なのは最初の数週間から1か月間は仕事を覚えるため出勤が必要な会社無料の研修期間がある会社です。
もし仕事が合わなければその期間に辞退もできますし、在宅になってからの作業効率も違います。

またデータ入力募集のサイトのみがあり、会社のサイトが無い場合は限りなく怪しいです。
本当にデータ入力をする人を採用したいと思っている会社は、仕事内容や、納品方法、パソコンOSなどの必要な環境、月収例など1つ1つ丁寧に書かれている場合が多いです。

まとめ

他の職種では研修費が発生したり、PCのレンタル料が発生したりする会社も見かけますが、データ入力に関しては仕事前に費用が発生する会社は信じない方が無難です。

単純な入力作業であればあるほど、単価も内職並みなので、初期費用は取り戻せません。
アルバイトサイトでは比較的安心なデータ入力の求人が時々掲載されるのでじっくり探すのが一番良いと思います。

▼Yahoo知恵袋も参考になります▼
データ入力の内職について、みなさんの意見を聞かせてください。

ネットで在宅データ入力の仕事を検索してて在宅データ入力の仕事と思って申し込みました。