【在宅で働く】書き起こしライターを募集しているログミー

この記事は2ヶ月以上前に更新され、現在は内容が異なっている可能性もあります。
リンク先の会社のページに従い指示通りの方法でご応募下さい。

2017年8月25日テープ起こし海外在住者ok, 英語が活かせる

ログミー

職種:【書き起こしライター】

ログミー株式会社
ログミー株式会社ではスピーチや対談などのWeb上の動画を文章に書き起こす在宅外部スタッフを募集しています。
書き起こしメディア、ログミーはこちら
ログミー外部スタッフの採用情報のページはこちら

地方在住者も海外在住者も応募okの在宅ワーク【書き起こしライター】

本日は、web上に公開されている有名人や政治家のスピーチ動画を文章に起こす在宅ワークスタッフを募集しているログミー株式会社を紹介したいと思います。

ログミーは動画を文字に起こしてまとめているサイトです。
2013年の8月に設立された会社で、月間ユーザー数が300万人を超え、成長中のサービスです。

管理人も、ネット上のスピーチ動画は、必要にせがまれない限り、あまり閲覧していないことに気づきました。
動画を閲覧する時間が無く、後回しにしてそのままということもあります。

文章に起こしてあって、見出しが付いていれば、関心があるところだけを読めるので、閲覧者にとってはメリットが大きいと思います。

発信者にとっても文章になっていれば、検索による訪問者が増え、スピーチ内容が多くの人に知られるメリットもありそうです。

現在募集しているのは、ログミーに掲載するための動画や音声データを文字に起こす外部の書き起こしライターと、英語の動画や音声データを元に、文字起こしと翻訳、整文を行う翻訳ライターです。

書き起こしライターは地方からも応募できますし、英語の書き起こしライターは海外在住者の方も応募できます。

書き起こしの仕事は、在宅ワークの中でも報酬は高めですが、大変な作業であることは覚悟して応募する必要があります。
ログミーのコーポレートブログの記事からも大変さが伺えます。
【検証】「音声認識ソフト」で書き起こしを効率化(サボれる)できるか?
音声認識ソフトでは、専門用語や聞き取りにくい音源では精度が悪いようです。

書き起こしとは「人の声や感情を拾う仕事」である–ブラインドライター松田昌美さんに聞いた仕事の魅力という記事からも、書き起こしライターの仕事についてが分かります。

コーポレートブログからは、働いている方々の状況が良く分かるので、応募の際は一読をお勧めします。
在宅ではありませんが、中途採用で企画営業、Webエンジニア、編集の仕事も募集しています。

ログミー株式会社の募集詳細

仕事内容
【在宅】書き起こしライター
書き起こしメディア「ログミー」に掲載する記事を作成する仕事
動画や音声データを元に、文字起こしと整文。
適性に応じて編集作業を依頼することもあり。
【在宅】翻訳ライター(英語)
書き起こしメディア「ログミー」に掲載する記事を作成する仕事
主に英語の動画や音声データを元に、文字起こしと翻訳、整文。

応募資格
【在宅】書き起こしライター
・ライター経験者歓迎
・文章を読み書きするのが好きな方
・几帳面でミスのない作業ができる方
【在宅】翻訳ライター(英語)
・英語の聞き取りができること
・英語から日本語への翻訳ができること

報酬
【在宅】書き起こしライター
動画/音声1分につき50円以上
編集作業については別途お支払い
【在宅】翻訳ライター(英語)
動画/音声1分につき150円以上

募集詳細はログミーの採用情報のページより一部を抜粋しています。

▼現在はアルバイトEXからも応募できます(在宅校正スタッフを募集しています)▼
ログミー株式会社の募集詳細はこちら 終了となりました。

募集職種や募集要項、求人の有無は変わる可能性があります。
掲載企業にご迷惑がかかりますので、募集が無い時の応募はご遠慮下さい。
会社の採用のページやアルバイトサイトの募集ページを熟読し指示通りの方法でご応募下さい。


**会社所在地**
〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-28-8 ロハス松濤3F
ログミー株式会社