ドラゼミ・まなびwith・名探偵コナンゼミへ!在宅添削者の募集は?

採点・添削

「まなびwith」添削者募集について【小学館の通信教育の添削で在宅ワーク】

【職種:通信教育の添削】

テストの採点をする在宅バイトは人気です。

現在でも模擬試験の採点者や、通信教育の添削等で、在宅採点者を募集しています。

2018年頃までは、手書きの答案を宅急便などでやり取りをして、在宅で添削を行って送り返す方法が一般的でした。

これまで、このページで紹介していたことがあるドラゼミの添削指導も答案をやり取りして添削をしていました。

しかし最近ではデジタル化が進み、特に小学生はタブレットを使って学ぶことが増えています。

それに伴い、在宅添削スタッフを募集する学校や企業が変化しています。

本日は小学館で募集していたドラゼミや、まなびwith、名探偵コナンゼミの在宅スタッフ募集状況をお伝えします。

名探偵コナンゼミの在宅添削バイト募集状況について

ドラゼミの添削バイトがあるならやってみたいと思った方もいるかもしれませんが、ドラゼミは終了しています。

ドラゼミの後、2019年の4月から「まなびwith」、2021年4月から「名探偵コナンゼミ」と変更になりました。

現在提供されている、名探偵コナンゼミの公式サイトに在宅添削スタッフの募集はありません。

何故募集が無くなったか?そして、今でも在宅添削・採点者を募集している会社も紹介します。

名探偵コナンゼミ添削テストの回数

名探偵コナンゼミは、ナゾトキ×通信教育の2種類で学習するようになっています。

  • ナゾトキ
  • 通信教育

ナゾトキは手持ちのタブレットなどを使って行うブラウザゲームで、通信教育は紙教材かPDF版を選んで学習します。

この2種類のうち添削テストは紙教材の通信教育で年2回しか行われないことになりました。

PDF版の通信教育は添削がありません。

しかもテスト答案の提出方法はスマホで撮影して送信するだけです。

ゆい(管理人)

ゆい(管理人)

年に2回の添削では、安定的に仕事が発生しないので、在宅添削者を広く募集する必要がなくなったのでしょう。

毎月の添削テストを惜しむ声

通信教育と言えば、添削指導は昔から有名なサービスです。

赤ペンを使って丁寧に添削をした答案が、毎月戻ってくるのが楽しみだったという世代の方も多いのではないでしょうか。

最近はタブレットを使うことも多くなり添削指導のサービスが少なくなっています。

ただ、自分の子に合った通信教育を探す中で、添削指導は必要と考える方もいるようです。

名探偵コナンゼミいいよという声

名探偵コナンゼミが純粋にいいよという声ももちろんあります。

特にコナンが好きな人には魅力的なようです。

ドラゼミ・まなびwithの頃の添削者

ドラゼミの頃は頻繁にアルバイトサイトでも在宅添削者を募集していました。

応募時には手書きの履歴書の郵送が必要で、書類審査には文字が綺麗なことも必須要件でした。

また、東京都(神田神保町)の会場で行われる登録試験、面接や研修に参加が必要で、採用後も研修のために、最初は週1~2回は出社する必要がありました。

ゆい(管理人)

ゆい(管理人)

働く場所は在宅でも、添削の品質を保つために管理されている印象を受けました。

在宅添削者をやってみたいと考えた方には残念ですが、今後は、紙の採点を自宅で行う仕事は減りそうです。

ゆい(管理人)

ゆい(管理人)

ゆいが見過ごしているだけかもしれませんが、在宅でタブレットの添削を募集していることも、ほとんど無いです。

名探偵コナンゼミ以外の添削者募集状況は?

それでは、在宅添削者の募集をしている通信教育や予備校などは無くなってしまったのでしょうか。

紙の答案用紙に赤ペンを使って採点をする添削者は少なくなる傾向にありますが、PCを用いた通信教育のデジタル採点やデジタル添削、模擬試験のデジタル採点などは現在でも求人があります。

上記は、今でも在宅の採点者を全国から定期的に募集しています。

また、研修への出席が必要な場合もありますが、作文や小論文の在宅添削者を募集している会社もあります。

その他にも、会社のホームページに採用に関する情報は少ないけれど、アルバイト求人サイトで募集する会社もあります。

アルバイトサイトも時々確認すると募集している可能性があります。

在宅で行うテスト添削者の今後

通信教育は、紙からデジタルへ移行する過度期です。

通信教育を行っている会社は、手書きで添削をして郵便物を送り返す作業に多くの人手と時間をかけていたことが推測されます。

デジタル化が進めば人件費も少なくなり、受講者に安く、早く添削答案を届けることができるようになります。

ただ、教育に関しては、答えが分かればそれで良いというわけでもありません。

人が添削する場合には、どうしてそのような考えに至ったのかを読み取り、どうすれば正解できたのかやヒントを個々に示していたはずです。

まなびwithからコナンゼミへは2年で変わっているので、試行錯誤中なのかもしれません。

今後、受講者から添削テストの要望が高ければ、テストの回数は増える可能性はあるでしょう。

ただ、今までのように、在宅で採点者を募集するようにはならないかもしれません。

添削者として活躍できる学力があれば、他社で募集している在宅採点バイトに応募したり、オンライン家庭教師をしたり、自分の知識を販売するサービスもありますので、チャレンジしてみるのが良いと思います。

在宅採点の求人を行うことがある会社一覧





キャリアマムはコミュニティサイトですが、登録していると採点の仕事を募集する時がありますのでおすすめです

リンク先の会社の指示通りに応募下さいね。

ゆい(管理人)

ゆい(管理人)

ご迷惑がかからないようにお願いします
この記事を書いた人
ゆい(管理人)
ゆい(管理人)

在宅ワークを探そうを運営している「ゆい」です。主婦業の傍ら、このブログを始めて今年で10年!になります。日々、信頼していただけるサイト作りを目指して体験談なども交えながら、在宅ワークの求人を紹介しています。

採点・添削