pixta(ピクスタ)写真素材の販売をして収入を得る

この記事は2ヶ月以上前に更新され、現在は内容が異なっている可能性もあります。
リンク先の会社のページに従い指示通りの方法でご応募下さい。

2013年10月20日写真販売・写真加工お小遣い稼ぎ, 副業ok, 未経験ok, 無料登録制

ピクスタ

【職種:写真販売・ストックフォト】
PIXTA(ピクスタ)
写真素材を販売しているPIXTA(ピクスタ)では自身が撮影した写真も販売することができます。

応募方法、詳細情報
写真素材販売者向け(クリエイター)のページはこちら

素材販売までの流れ
1.会員登録
2.入門講座・入門テスト
3.データをアップロード
4.審査
5.販売スタート
6.報酬を受け取る

コミッション率 写真・イラスト
一般クリエイター 
通常 22~42%
独占販売設定 30~48%
専属クリエイター
通常 30~53%
人物専属クリエイター
通常 42~58%
エクストラライセンス
(通常販売金額* + エクストラライセンス金額*) × コミッション率(%)*税抜金額

コミッション率 映像素材
通常 40%
独占販売設定 50%
映像素材にエクストラライセンスはなし。

管理人より
写真を販売できるサイトは複数ありますが、pixtaはクリエイターのページが充実していて、初心者の方でも始めやすいので紹介することにしました。
今はミラーレス一眼カメラも普及し、素人でもクリエイティブな写真が撮れる時代なので、写真撮影が好きなら写真販売で収入を得られる可能性があります。
pixtaにはスタッフが検証・カメラの初心者がストックフォトに挑戦というコーナーがあります。
写真販売に興味が無くても、撮影方法や著作権のことが分かって楽しい内容です。
レタッチ編ではパソコンやカメラのレンズに写っているロゴを消したり、写真の明るさを調整する様子が書かれ、審査を通過するコツが分かります。

人物写真が売れ筋なようですが、「昨日の販売回数ランキング」を見ていると、風景写真でもまったく売れないことはないようです。
動物や子供の写真なども売れると聞いたことがありますし、ホームページやブログを作る時は、ビル群、パソコンの写真や料理画像などが欲しくて探し回ることもあるので、求める綺麗な画像があれば売れると思います。

「写真を売る副業」で年収700万円の秘密という記事がありましたので参考にどうぞ

ただし最初から沢山売れることは決してないと覚悟して始めるのが良いと思います。
何千という枚数の写真をアップして月に何十万と収入を得ている方もいる一方で、売れずに諦める方も多いようです。
好きで地道にコツコツ続けられる方には向いていると思います。
一度アップすれば、メンテナンス不要でずっと売れるのですから起動に乗れば楽しく続けられる良い仕事と思えるのではないでしょうか。



在宅でイラスト販売したい時おすすめの登録サイト12選

内容は変更となる可能性があります。
pixtaのクリエイター向けページを熟読し登録をお願い致します。