Wantedlyで在宅勤務の仕事を探してみる

この記事は2ヶ月以上前に更新され、現在は内容が異なっている可能性もあります。
リンク先の会社のページに従い指示通りの方法でご応募下さい。

人材紹介(テレワーク)・転職・求人在宅勤務募集

求人サイトのWantedly

職種:【求人サイトのため職種は様々】

Wantedly(ウォンテッドリー)
WantedlyはFacebookとの連携登録をして求職活動をすることにより、運命のチームや仕事に出会えたり、仕事仲間のつながり管理が楽になるという独自スタイルの求人サイトです。

wantedlyの募集詳細はこちら

Wantedlyで在宅勤務も可能な求人を掲載している会社はこちら

登録・応募方法

>>登録から採用までのおおまかな流れ>>
>> Facebookアカウントで無料登録
・E-mailで登録してwantedly内のページの閲覧は可能
・仕事への応募は不可
Q&A:Facebookアカウントがなくても応募等はできますか?

>> 募集中の仕事を探す

>>「話を聞きに行きたい」ボタンから応募
Q&A:エントリー(応募)とは?

>> 会社を訪問

>> 採用

管理人より
本日はSNSリクルーティングサイトと呼ばれているWantedlyの紹介です。

検索してみたところ、在宅勤務の仕事を募集している会社が複数あったので紹介してみることにしました。
Wantedlyで在宅勤務も可能な求人を掲載している会社一覧

上記は「在宅勤務」で検索した結果ですが、「在宅」のみで検索すると更に沢山の求人が見られます。
ライター営業コールセンター業務キャリアコンサルタントなどの求人があります。

仲間

会社で社員の方が作業するには至らないような、データ入力などの単純作業在宅ワークとして請け負うと、どうしても報酬がお小遣い程度となってしまいます。
Wantedlyでは、考え方が柔軟な若い企業家の方たちの利用も多く、「本来会社ですべき業務を、在宅で行っていいです」という求人が他の求人サイトと比べてやや多い気がします。

家で気楽に仕事したい方には向かないかもしれませんが、正社員同様に働きたいけれど、事情があって在宅を希望している方などには”運命の出会いがある”かもしれません。

給料や待遇の掲載はNGとなっているので、訪問して確認をするまでは分かりませんが、在宅であっても一定の報酬を確保しながら働ける会社に出会える可能性も高そうです。
職種や雇用形態によっては少ない報酬の場合もあるかもしれませんが、在宅ワークでは時々ある、時給100円~200円ということはないと思います。

Wantedlyの特徴

wantedlyの特徴は「話を聞きにいきたい」ボタンから応募し、履歴書を持たずに会社の様子を見に行けることです。
新卒採用で良い人材を獲得するために行われているようです。
一度は気になる会社を訪問して話を聞くということは、在宅ワーク募集にありがちな詐欺に合う可能性は低くなりますので、在宅の仕事を探している方にもメリットがあると思います。

またWantedlyのもう一つ特徴は、Facebookでアカウントを取得する必要があるということです。
気軽に訪問できる一方で、今までFacebookを利用していなかった人は登録から始まって、Facebookの設定項目を充実させて、Wantedlyのプロフィールを充実させなければならないので、応募までのハードルが高めです。

簡単に採用まで至らないかもしれませんが、ちょっと頑張って在宅でもできる仕事を探してみたいという方はwantedlyの利用を考えても良いかもしれません。

そして、もし気になる求人があれば、話を聞きに行ってはいかがでしょうか。