「テレまち」はテレワーク(在宅勤務・在宅ワーク)専門の人材紹介サービス

この記事は2ヶ月以上前に更新され、現在は内容が異なっている可能性もあります。
リンク先の会社のページに従い指示通りの方法でご応募下さい。

2017年7月30日人材紹介(テレワーク)・転職・求人, 在宅型派遣在宅勤務募集, 正社員を目指せる, 障がい者求人

テレまち

職種:【人材紹介サービスのため様々】

株式会社ワイズスタッフ
株式会社ワイズスタッフが運営する「テレまち」はテレワーク専門の人材紹介サイトです。
人材紹介サービス「テレまち」はこちら

テレワークとは

本日は、株式会社ワイズスタッフが運営するテレワーク専門の人材紹介サイト「テレまち」を紹介したいと思います。

最初にテレワークについて説明したいと思います。

テレワークの定義は、「ICT*を活用した、場所と時間にとらわれない柔軟な働き方」です。

テレワーク(リモートワーク)という働き方は、会社の社員として雇用されて働く「雇用型」テレワークと、自営すなわち個人事業主として働く「自営型」テレワークに大きく分けられます。
「テレまち」より引用しています
* (Information and Communication Technology)

在宅ワークやフリーランスという言葉は広く認知されていますが、テレワークという言葉はまだ認知度が低いのではないでしょうか。
テレワークは電話の仕事・在宅コールセンターの仕事ではありません。

テレまちの特徴

テレまちでは、会社の社員として企業に勤めながら在宅勤務をしたい方も、個人事業主としてフリーランス・在宅ワークとして働きたい方も登録できます。
テレワークでの働き方
テレまちの一番の特徴は、雇用型のテレワークに対応しているため、在宅であっても社員の一員として働けるところです。

2017年現在、募集している在宅の仕事のほとんどは委託業務で、仕事の出来高によって収入が決まります。
仕事が無い時には収入を得ることができません。

雇用型のテレワークは大手の一部の企業が実施している場合が多く、在宅勤務を導入している会社に勤めていなければ、委託業務で働かざるを得ない状況です。

業務委託の在宅ワークも自由に働きたい方にとっては良い面は多くあります。
ただ安定した収入で自分のキャリアを活かして社員として在宅で働きたい方が利用できるサービスはありませんでした。

代表の田澤由利さんは大手企業でテレワーク導入についての講演等を行い、企業のテレワーク導入に尽力されてきた方です。
田澤由利さんのプロフィール
安心して登録して大丈夫です。

テレまちにもテレワーカーの声があります。
企業名もいくつか紹介されていますし、雇用個人事業主として働いているかや、どのような職種があるかも分かります。

テレワーカーの方々はワークライフバランスを保ちながら仕事をされているようです。

勤めている会社に在宅勤務導入を働きかけてくれる

もう一つの特徴はテレまちに相談をすることで、現在勤めている会社に在宅勤務の導入を、働きかけてくれることです。

自分で会社と交渉を行なわなくても済みますし、テレワーク導入に知識のある専門の方が行った方が、会社もメリットを把握しやすく、円滑に導入が進みそうです。
しかも相談者に料金が発生することもありませんし、会社には相談者の情報が伝わることもないとのこと。

現在勤めている会社の在宅勤務相談も安心して行えます。

スキル支援の準備や障がい者雇用もあり

在宅勤務や在宅ワークで働きたいと思っても、在宅で働ける職種でキャリアを積んでこなかった場合は、働くことができないのが現状だと思います。

今はまだ準備中で有料ですが、スキルを支援するeラーニングも始まるようです。
キャリアが無くても、やる気があればチャンスはあるかもしれません。

また障がい者の方のテレワーク導入にも力を入れています。
障がい者の方のテレワーカーの声もあります。

さいごに

今まで雇用型のテレワークは、大手企業で、さらにテレワーク導入に積極的に取り組もうとする会社に勤務している方だけの就労のあり方でした。

先日東京都が7月24日をテレワークデイに定めたことが報道で大きく取り上げられました。
テレワークが多くの会社に導入されるまでにはまだ時間がかかりそうです。

テレマチに登録しても、マッチするキャリアが無い場合は紹介がすぐに無い場合もあるかもしれません。

ただテレワークを希望でしたら、様々な行動を起こしてみると、一歩目標に近づける可能性もありそうです。

ワイズスタッフ

テレまち登録詳細

仕事内容
テレワークでの就労で、前職キャリアを活かすため職種はさまざま
職種具体例(テレワーカーの声より)
(総務・事務業務、CAD業務、キュレーション業務、データ入力業務、Webデザイン業務等)

  1. 会社の社員として雇用されて働く「雇用型」テレワーク
  2. 個人事業主として働く「個人型」テレワーク

上記2種類のどちらでも登録可能。
「雇用型」「個人型」の詳細確認から応募まで
在宅勤務ができる企業に就職/転職したい
在宅ワーク・フリーランスで働きたい(発注企業を紹介してほしい)