在宅ワークができて、RPA無料オンライン講座が受講できる仕事紹介プログラム【クラウドワークス】

RPAITエンジニア

無料オンライン講座が受けられるお仕事紹介プログラム

今回はRPAの在宅ワークについての紹介です。

2018年9月19日にNHKの「あさイチ」で、高収入の在宅ワークが可能として、「RPA女子プロジェクト」が取りあげられました。
これまでRPAのことを知らなかった主婦の方など、管理人も含めてたくさんの人々にRPAが知られることとなりました。

RPAはロボティック・プロセス・オートメーションの略で、ホワイトカラーが行っている、事務系業務をロボットに覚えさせて、自動化しようという取り組みです。

「あさイチ」では、RPA女子プロジェクトの講習卒業後に、在宅ワークをしている方が紹介されました。

そして時給2,000円~3,000円、年収240万円稼げる在宅ワークとして話題になりました。

在宅ワークを始める時は初期投資を抑えるのが◎

PA女子プロジェクトでは、RPAの技術を身につけるために、50,000円のキャンペーン価格(定価100,000円)でオンライン講習を受ける必要があります。

ただ、オンライン講習を受講して、最終認定試験に合格して卒業したとしても、すぐに仕事紹介をしてもらえるわけではありません。

50,000円を支払って講習を受けて、本当に在宅ワークができるのか疑問は残ります

仕事の紹介を受けられず、50,000円を回収できなかったら、費やした時間とお金を返せ~となりますね。

在宅ワークを始める時は、初期投資はなるべく抑えるのが鉄則です。

クラウドワークのビズアシスタントオンライン

そこで無料セミナーとか、無料講座など探していたところ、ありました。

クラウドワークスのビズアシスタントで無料オンライン講座付きRPA関連のお仕事紹介プログラムを提供しています。
2月からビズアシスタントでは募集していないようです。また再開するかもしれませんので時々チェックしてみて下さい。

上記リンク先は「RPA 無料」で検索したものです。

無料でRPAについて学べて、仕事が入り次第紹介してもらえるシステムは、今現在他社ではほとんど無いのでRPAに興味がある方にとっては良い機会ではないでしょうか。

POINT

ビズアシスタントオンラインはクラウドワークスが提供する人材マッチングサービスです。
継続的な事務サポートやweb系の仕事が、事務局から直接案内されるサービスです。
RPA以外にもリモートで働ける案件が多数あります。

▼ビズアシスタントオンラインは以前にも記事にしています。

RPA関連のお仕事紹介プログラム概要

ITコンサルティング・WEBディレクターの経験がある方、もしくは、プログラミング・エンジニア経験がある方(言語は特に問いません)が第一の条件です。

エクセルやワードなどの基本的なPC操作ができる程度では残念ながら応募はできません。(初回だけ、エクセルでのデータ処理になれている方、HTMLが読める、理解できる方が応募の際の第一条件でした)

また平日の日中に稼働が可能な方という条件もありますので、会社勤めをしている方も対象外となってしまいます。


講習から仕事紹介までの流れ

  • 1.オンラインでのRPAラーニング (20-30時間、2週間程度)
  • 2.実務を想定したトレーニング(50~60時間程度、1ヶ月以内)
  • 3.RPAに関するお仕事のご紹介

RPA関連のお仕事内容

講習から仕事紹介までの流れは上記3ステップですが、業務内容を確認すると、RPA導入企業のサポートデスク(質問対応やロボ作成業務)RPA導入企業へのRPAについての解説(1時間枠で企業とオンライン打ち合わせ)とあります。

上記の内容から、ロボット作成から、企業のサポートやRPAの解説までができる人材となることが求められています。

在宅ワークと言えども、家でコツコツ作業するだけではなくて、コミュニケーション能力や、プレゼンテーション能力、問題解決能力が重要なようです。

採用は狭き門だけど無料だものチャレンジ!

RPA学習はRPA女子プロジェクトと同じように、MAIAのRPAラーニングで、そのビジネスコースを使用することとなっています。
RPAラーニングforビジネス
RPAを導入したい企業が費用を支払い、社員数人を学習させるコースといったところでしょうか。

その費用をクラウドワークスが支払っているので、応募条件を厳しくして、活躍可能な優秀な人材を採用したいのではないかと推測できます。

無料オンライン講座+RPA関連のお仕事紹介の詳細を見ると、5人~20人、30人の募集50人前後の応募があることが分かります。

RPA無料研修が受けられる仕事案件はこちら

狭き門であることは間違いありませんが、もし採用されなかったとしても、ビズアシスタントオンラインは継続的なリモートワークを紹介しているサービスです。

登録しておくと、今持っている経験やスキルを活かした仕事を受注できる可能性もあります。

登録がチャンスを広げるかもしれません。

参考

RPAについて具体的で、とても分かりやすい記事を紹介します。



RPAについて書かれている記事は、具体性に乏しく、難しい言葉で書かれていることが多いですが、上記の記事は分かりやすい言葉で書かれRPAをイメージしやすいです。

RPAを使って何ができるか、AIとRPAの違い、RPA導入の注意点などが書かれています。

RPA導入の注意点は、仕事をしたい人には関係ないように思われますが、「プログラミングの知識が不要ということではない」ということが書かれ、これから学習するかどうか、悩んでいる方は目を通した方がいいと思う内容です。

おわりに

ロボットを作る作業は、導入を検討している会社の社員でも、学習してできてしまうようなので、個人に在宅ワークの依頼が来る可能性は低いのではないでしょうか。

RPAの知識を在宅ワークに繋げる場合は、RPAを使ってロボットが作れることと同時に、サポートデスクRPAについての解説などが行える事が重要になってきそうです。

クラウドワークスのビズアシスタントオンラインはリモートワークの紹介が強みなので、RPAラーニングからトレーニングまで修了できていれば、積極的に仕事を紹介してもらえそうです。

2019年現在は、RPAに精通した人が少ないということですので、無料で学習できるなら今がチャンスだと思います。

▼昨年、熱くなって書いた記事です


今持っているスキルを活かすという方法もありますね

RPAITエンジニア