全国試験運営センターでは試験監督のバイトを募集しています

短期・単発のアルバイト副業ok, 大学生歓迎, 無料登録制

全国試験運営センターでは試験監督のバイトを募集しています

職種:【試験監督】

株式会社全国試験運営センター
株式会社全国試験運営センターでは、社会人や学生を対象に、試験運営スタッフ、試験会場の責任者候補等を登録制で募集しています。

試験監督は土日中心の高収入単発アルバイト

試験監督は在宅ワークではありませんが、登録制で土日中心の仕事なので、在宅ワークを探し中の方も、既に自宅で働いている方も、できる可能性が高いので紹介することにしました。

全国試験運営センターは河合塾グループ、株式会社パソナ、日本電子計算株式会社の3法人を経営母体としているので、安心して応募できます。

試験監督は、社会人と学生に募集が分かれていて、登録・説明会も全国各地で別々に行われています。

未経験の方でもマニュアルを理解し、マニュアル通りに業務が行え、会場責任者の方の指示に従って仕事が行えれば応募は可能です

給与の事はホームページ上には記載されていませんが、アルバイトサイトでは日給で7,000円~8,000円位が相場です。
多い場合は10,000円以上支払われている場合もあるようです。

その代り服装や行動には気を使わなければなりませんし、キャンセル不可の場合も多いので責任を持って仕事を行う必要があります。

また全国試験運営センターのサイト上には、資材の運搬も発生するので体力が必要ということや人前で試験に関するアナウンスや会場内での誘導をするので大きな声が出せることが必要という注意書きがあります。

それでも20〜30歳代の女性が多数活躍しているということを考えれば、極端にきつい仕事というわけではないと思います。

確認した時に、登録・説明会の予定が無い地域でも、まめにチェックしていると登録できるかもしれません。
登録後は試験日の情報がメールで送られてきます。

関東地方ではアルバイトサイトで、TOEICや資格試験の試験監督を単発募集している事も多いのでそちらも要チェックです。

先輩スタッフの声

在宅ワークでは、先輩スタッフの声は、主婦や子育て中の女性の声がほとんどですが、試験監督のアルバイトは、会社員や学生の声もあります。
副業として試験監督をやっている会社員の方、家庭教師や塾講師のアルバイトと平行して試験監督をしている方の声が掲載されています。

楽そうに見えても、実は、コミュニケーション能力が必要だったり、緊張感を持って勤務する必要があることも分かります。

全国試験運営センターの試験監督募集詳細

仕事内容
試験の運営(問題・解答用紙の配布・回収、受験者の誘導、会場設営等)

試験会場
貸ホール、イベント会場、大学、専門学校、高校、河合塾校舎等

登録資格
■社会人対象
試験運営スタッフは登録制で大学(含 短大・専門学校)卒以上の社会人。※現在、大学院生の方も可
■学生対象
大学生(短大・専門学校含む)

その他
全国各地で説明・登録会を行っておりホームページより申し込みが可能。


(応募方法・詳細情報は全国試験運営センターの社会人対象のご案内より一部を抜粋しています)