ベネッセこども英語教室の先生募集

この記事は2ヶ月以上前に更新され、現在は内容が異なっている可能性もあります。
リンク先の会社のページに従い指示通りの方法でご応募下さい。

塾講師・資格講師, 自宅開業・フリー講師

ベネッセこども英語教室の先生募集

職種:【英語教師】

ベネッセこども英語教室
ベネッセこども英語教室では自宅や外部教室等で子供に英語を教える先生を募集しています。

ベネッセこども英語教室の先生募集のページはこちら

自宅で英語教室を開講するメリット・デメリットを口コミよりまとめ

本日は、幼児から中学生の子供に、自宅で英語を教える講師を募集しているベネッセを紹介したいと思います。

自宅だけではなく、企業が提供するスペースを使って自宅の近くで教えることも可能です。
マンションでも規約やルールによっては開講することができます。

興味はあるけれど自分でもできるか評判を知りたいもっと詳しく知りたいと検索する方も多いと思います。
2004年とかなり古いですが、発言小町で投稿された内容からまとめてみました。
質問は『子供英会話教室を開いている方』と記載されていますが、中盤から「ベネッセのこども英語教室開講」に関しての投稿も多くなっています。

  • 子供が好き・教えるのが好きという理由なら大丈夫
  • 収入源とするならやめた方が良い
  • 自宅でできるから楽そうと考えるのは間違い
  • 保護者との関係に苦労することがある
  • 経営努力をしないと子供が集まらず赤字になり、続かない
  • オリジナリティーが大事で、他教室と同じことをやっていてはだめ
  • 自分自身の英語力や経験はもとより、子供を楽しませて惹きつけることが重要
  • 保護者に年間のカリキュラムを宣言できる位ではないとやめられてしまう
  • やりたいならまずは一歩踏み出すことも重要
子供英会話教室、自宅で開いてる方 発言小町より

発言小町では、多くの方が投稿されているので、様々な意見があり、参考になります。
在宅の仕事=楽な仕事ではないということがよく分かります。

苦言や失礼な投稿がある中でも、質問者の方が前向きに考え一歩を踏み出す決意を固めたことが興味深いトピックです。

先生たちの声では2002年に開講した先生の声も掲載されています。
80人の生徒がいて、長く続けていることが分かります。

Q&Aサイトの投稿では比較的マイナス面を語られることが多いですが、大手企業の講師ならではなのメリットもあります。

自宅で大手企業が運営する英語教室を開講するメリット

  • 教材費の先生負担がない
  • すでに認知されているため生徒が集まりやすい
  • 定期的な研修があり、スキルアップが図れる
  • 家での開講が難しくても外部会場費用のサポートがあったり、パートナー会場という制度もある
  • 困ったことを相談できたり、サポートが手厚い
  • 自分の子供にも英語学習を身近に感じてもらえ、良い環境づくりが可能

このサイトでは塾講師・資格講師のカテゴリで今までも公文の先生や学研の先生を紹介して、同様に大手企業が運営する学習塾講師のメリットやデメリットを書いてきました。

自宅で仕事をしていると、会社で働くのとは違った困難もあるものです。
困難も受け止める覚悟で、さらに先生になってみたいと思えば、一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

ベネッセこども英語教室

ベネッセこども英語教室の先生募集詳細

仕事内容
自宅、外部施設、パートナー企業会場で英語レッスンを地域の子供たちに提供する仕事

年齢
25歳以上60歳未満の女性

応募資格
特別な資格・経験は必要なし。
英語が好きで、日常会話ができる語彙力と文の構成力は必要。

開講地
自宅、外部会場など、パートナー企業会場などで開校が可能。
教室には6畳程度のスペースが必要

授業時間・授業日
最低で週に2日授業を行えば、先生のライフスタイルに合わせたスケジュールを組める。

全国の都市部で説明会があります。