本気で仕事する人のための実名制クラウドソーシングのBizseek(ビズシーク)

この記事は2ヶ月以上前に更新され、現在は内容が異なっている可能性もあります。
リンク先の会社のページに従い指示通りの方法でご応募下さい。

2014年6月14日クラウドソーソシング

ビズシーク

【職種:クラウドソーシングのため様々】

Bizseek(ビズシーク)
Bizseek(ビズシーク)は株式会社ビズシークが運営する実名制クラウドソーシングサービスです。

応募方法、詳細情報
ビズシークの新規登録のページはこちら

受注者登録の流れ
新規登録のページよりメールアドレス、氏名、生年月日等を入力
(携帯やフリーメールアドレス以外)
  ▼
実名登録ページの専用フォームより本人確認書類を送信
(最大5営業日以内で実名登録完了)

本人確認について
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
上記で氏名、生年月日、住所の確認が必要となる。

報酬・システム利用料
依頼金額10万円以下の部分 >> 依頼金額の20%(税別)
依頼金額10万円超~20万円以下の部分 >> 依頼金額の10%(税別)
依頼金額20万円超の部分 >> 依頼金額の5%(税別)
■計算例
1万円の依頼の場合:依頼金額10,000円-システム利用料2,000円=ワーカー報酬8,000円

20万円の依頼の場合:依頼金額200,000円-システム利用料30,000円=ワーカー報酬170,000円

40万円の依頼の場合:依頼金額400,000円-システム利用料40,000円=ワーカー報酬360,000円
※税金に関しての計算を除いた式。

管理人より
今まで紹介してきたクラウドソーシングは、登録すればすぐに始められる手軽さがありましたが、ビズシークでは本人確認が必要となります。

本人確認を行っているクラウドソーシングは他にもいくつかはありますが、受注者全員に本人確認を必要とし、さらに実名で運営しているところは他には無いと思います。

クラウドソーシングのクライアント(発注者)の悩み事として、仕事を依頼した人が冷やかし行為をして仕事に取り組まない事があることは、ネットで検索する中で目にしてはいました。

本人確認し実名で登録することは発注する側としては安心材料の1つになると思います。
またワーカー(受注者)は仕事を始めるまでに最高で5営業日はかかりますが、冷やかし目的のライバルは減ることになりますので仕事が受注しやすいというメリットもあるのではないかと思います。

2014年2月27日にベータ版が公開され、2014年6月14日の現在では受発注者共にまだ少ないので、今のうちに成果を挙げて実績を積むと更に仕事を受注し易くなるのではないでしょうか。

在宅ワークをこれから始めたいと思っている方でも、今なら仕事を受注するチャンスです。

ライティングの仕事が多いですが、他のクラウドソーシングでは大人気のテープ起こしの仕事も今なら掲載されています。
発注者が増えないクラウドソーシングもいくつか見かけますが、盛り上がって欲しいという期待も込めた紹介でした。
応募方法、詳細情報等はBizseek(ビズシーク)のサイトより一部引用しています。