WEMAKEは企業の企画に個人が参加できるプラットフォーム【豪華賞金や賞品をゲットしよう!】

2014年4月13日クラウドソーソシング無料登録制

wemake

【職種:アイディアの提案】

WEMAKE
WEMAKEでは、企業が新商品や新規事業を生み出すためのプロジェクトに個人でアイディアを提案できます。

WEMAKEとは

企業の企画と個人をつなぎ、新商品や新規事業を生み出すプラットフォームです。

株式会社A(エイス)が運営しています。

2013年の11月にアイディアを形にしていく、ものづくりのクラウドソーシングサービスとしてスタートしました。

最初は個人のアイディアを商品化するサービスでしたが、2018年現在は企業のプロジェクトに個人がアイディアを提案するサービスとなっています。

誰もが知っている大手企業のプロジェクトに参画することができます。

企画が採用されるまでの流れ

  • 1.提案
    プロジェクトの募集内容を読み、求める方向性を意識して企画を提案
  • 2.フィードバック
    要件を満たした規格に届く担当者からのコメントを参考に企画を手直し
  • 3.一次審査
    企業の担当者が一次審査を行い、5~10案の企画に絞り込み。
  • 4.チームビルディング
    一時審査を通過した企画を一緒に練り上げるメンバーを探す。
  • 5.改善
    企業の担当者やチームメンバーと、企画の課題や提供価値を検証。
  • 6.最終審査
    改善された企画のプレゼンテーション
  • 7.結果発表
    最終審査の結果、企画が採用されうと企業より賞金が届く

WEMAKEのホームページより転載しています。

WEMAKEの過去のプロジェクト

WEMAKEの過去のプロジェクトをみると、以前の企画や提案の詳細が分かります。

ほとんどのプロジェクトに100案以上の提案が提出されています。
そして5件前後の案が採用されています。

最優勝の提案には100万円の賞金や商品化の検討などもされます。

提案はCGやイラスト、適切な写真を用いてコンセプトを分かりやすく表現することが求められます。

アイディアは、画像化して分かりやすい形にして応募することが必要です。

アイディアを提案して実力試し

日常の困ったを解決するために、アイディアを持っていてもそれを発表する場はあまりありません。

企業のコンセプトに基づいた提案をする必要はありますが、個人でアイディア発表の場を提供しているのがWEMAKEです。

企業の社内で行われているようなプロジェクトの進行に係わる必要があるため、アイディア提案をすればお小遣いが稼げるサービスではありませんが、自分の実力を試してみたい方もいるのではないでしょうか。

興味があれば、登録をしておくとメールが送られてくるので、新規のプロジェクトに参加できます。