WEMAKEはアイディアを形にするものづくりクラウドソーシングです。

この記事は2ヶ月以上前に更新され、現在は内容が異なっている可能性もあります。
リンク先の会社のページに従い指示通りの方法でご応募下さい。

2014年4月13日クラウドソーソシング無料登録制

wemake

【職種:アイディア投稿、デザイン、ネーミング等】

WEMAKE
株式会社A(エイス)が提供するアイディアを形にしていく、ものづくりのクラウドソーシングサービスです。

応募方法、詳細情報
WEMAKEの登録はこちらから

アイディアを商品化するまでの流れ
Thinking stage
1.アイディアの投稿
  ▼
2.アイディアの評価(30日間コミュニティで評価)
  ▼
3.製品化の審査(WEMAKEが慎重に審査)
Making Stage
4.プロダクトの開発(1.市場調査・2.デザイン・設計・3.ブランディング)
  ▼
5.試作・量産設計・販路開拓
Marketing Stage
6.予約購入
  ▼
7.製造・梱包・納品
  ▼
8.販売
  ▼
9.収益分売の受取り

報酬の仕組み
商品を販売するまでの貢献度に応じてポイントが貯まりそのポイントに応じて販売益から報酬が分配されます。
アイディア提出 38%
デザイン 22%
ネーミング 6%
コピーライティング 6%
投票の採択 5%
リサーチ 5%
カラーリング 2%

管理人より
短期間で沢山収入を得ることは難しいと思いますが、皆で育てながら商品化するところが他にはないクラウドソーシングです。

管理人はこういうタイプの仕事が好きなので早速登録しました。
特許に関することはどうなるのかと思いましたが、よくあるご質問のその他に記載があります。

サイトで発表してしまうと特許庁への出願が出来なくなってしまいますので、特許や実用新案を取得したい場合は注意が必要です。

今までも一般の人が企業にアイディアを見てもらい商品化するサイト等がありましたが、1個人対企業なので、他の人は販売までの過程にはかかわれませんでしたが、皆が少しずつかかわることができて、報酬の分配があるところが今までには無いサービスだと思います。

また主婦発明家の方などが自分のアイディアの試作を繰り返し、企業に売り込み商品化されるまでには多大な時間と費用を費やしたということが時々メディアで紹介されたりもしますが、時間や費用も短縮できるのではないでしょうか。

これからWEMAKE自体の認知度がもっと上がって、沢山のアイディアが商品化されれば盛り上がるクラウドソーシングになる可能性を秘めているのではないかと思います。