在宅ワーク詐欺に注意

この記事は2ヶ月以上前に更新され、現在は内容が異なっている可能性もあります。
リンク先の会社のページに従い指示通りの方法でご応募下さい。

2012年9月10日注意事項

バツサインの女性

在宅の仕事というと、最初に登録料を支払ったのに仕事が全く無いという話や、講習教材を高額で購入させられたが仕事がないという話をだれでも一度は耳にしたことがあると思います。

そんな詐欺を行う会社のホームページも良くできているので、「自分も騙された」ということにならないようにWEBで在宅の仕事を探す時の注意点を書いておきます。

1.仕事の内容が詳しく書いていなくて資料請求ボタンがある場合
特にデータ入力の仕事で、何の仕事か全く触れられていない場合は要注意です。
例えば通常の会社なら「学習教材の入力を行っていただきます」「主に~から仕事を請け負っています」などどこかに記載することが多いです。
サイト内を閲覧して、結局何をするのか分からない場合は気をつけましょう。

2.パソコン初心者でもok。メールが送受信できる環境があればokなどパソコンスキルは必要ないことを強調する場合
その後に続く言葉にもよりますが、不特定多数の人に迷惑メールを送ったりすることの片棒を担ぐがないように注意が必要です。

3.空いた時間で高収入。1日30分でokなど短時間で収入を得られるかのような記載がある
そんなに簡単に稼ぐことができるなら、皆がやりたいと思うはず。
すぐに定員に達して、募集自体が無いと考えるべきです。
もし自分に合った在宅の仕事を見つけたら、まずはその会社の名前を検索して、どういう会社なのか徹底的にしらべることが大切です。
聞いたことがない会社は、どんなにホームページの作りが良くても注意しましょう。
会社名を入力しただけで「詐欺です」の言葉が並んでいるところもあります。
どんな職でも仕事を探す時は、早く見つけたいという心理になっていると思いますが、焦らないことが重要です。

気長に待ちながら、一瞬の募集を逃がさないのが在宅の仕事を見つける際の心得と言えるでしょう。
▼より詳しく記事を追加しました▼